不眠症情報館 - チェック・原因・症状・対策・改善編


不眠症に関する情報をご紹介

不眠症 枕

枕が変わると、眠れないという経験をした人は、少なくないはずです。旅行先 で、枕が変わり、あまりよく眠れなかったというのは、よく耳にする話です。 枕は、快眠・安眠するために、重要な役割をしています。枕は、なぜそんなに 睡眠の質を左右するのでしょうか。

枕は、頚椎のカーブを負担の少ない、立っている状態と同じような姿勢になっ ているのが、理想的です。枕が高すぎたり、低すぎたりすると、不自然な姿勢 で眠ることになるので、頚椎のカーブが安定しなくなり、快眠・安眠ができま せん。枕が高すぎると、頚椎が圧迫されます。その結果、肩こりになる、そし て、気道がふさがり、いびきをかくようになります。そのため、眠りが浅くな ります。また、枕の中身は、エチレン、低反発、ビーズ、パイプ枕、羽毛、羽 根枕、トルマリン枕など、いろいろな種類があります。その枕の中身が、頭の 位置を安定させることができないと、不眠になったりします。自分に合った枕 を使用することが、快眠・安眠を導きます。インターネットで調べると、非常 に口コミの良い枕があったりしますが、自分に合っているかは、分からないも のです。枕は、快眠・安眠を助けるのに、大きな役割をもっているのです。

眠れないうえに、肩こりがすると、ひどいときには、頭痛もしてきます。その ような症状が出ると、仕事にも、支障が出てきます。快眠・安眠ができないと 、日常生活にも、悪影響を及ぼします。今は、“枕外来”という科を設けてい る病院もあるほどです。枕が快眠・安眠に、それほどの重要性を示す証拠にも なるでしょう。自分に合った枕というのは、なかなか見付けられるものではな いかもしれません。しかし、自分に合った枕を手に入れることは、非常に大切 なことなのです。


不眠症を自宅で治せる!不眠症対策人気ランキング

以下は不眠症を自宅で治す方法の人気ランキングです。不眠症にお悩みの方は病院での治療を受けず自分で行える方法で克服に成功された方も多くいらっしゃいます。本気で不眠症を克服したい方はご覧下さい。

1位 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」
2位 トップMBA式睡眠コントロール術
3位 不眠症からの脱出



▲このページの上部へ