不眠症情報館 - チェック・原因・症状・対策・改善編


不眠症に関する情報をご紹介

不眠症とインターネット

寝る前に、パソコンを開いていると、眠れなくなる時があります。現代社会で は、インターネットは、必需品となっています。インターネットを寝る前に開 くと、なぜ眠れなくなるのでしょう。

インターネットでメールチェックをする人も多くいます。ダイレクトメールだ と、気にも止めませんが、友人からや会社関係者からのメールだと、真剣に読 んでしまい、返信メールを送信したりします。そうすると、せっかくお風呂に 入り、マッサージなどをしてリラックスしていた脳が、活性化してしまいます 。また、ネットサーフィンなどして、次々といろんなサイトを見ていると、同 じく、脳が活性化されます。特に、興味があるサイトにいくと、真剣に見てし まうものです。また、パソコンの画面が発する光は、思っている以上に明るい ものです。寝る前に、その光が目に入ることにより、さらに脳が活性化されて しまいます。リラックスし、寝る準備をしていた脳が、パソコンにより、活性 化されることによって、寝つきが悪くなったりするのです。

快眠・安眠ができるかは、寝る前の行動で決まります。快眠・安眠をするため には、寝る前に、脳が活性化しないようにすることが大切です。不眠症の人は 、寝る前にパソコンをチェックしないように注意しましょう。しかし、急ぎの 用で、パソコンを開かなくてはいけなくなる場合もあるでしょう。その時は、 パソコンをシャットダウンした後に、蒸しタオルで目を温めると、目の疲れも 取れ、リラックスできます。寝つきをよくするためには、インターネットを開 かないのが一番です。『眠るのには、まだ早いから、ちょっとだけインターネ ットを』と思い、インターネットをしてしまうのは、脳を活性化させる原因に なるので、急ぎの場合以外は、インターネットをしないようにしましょう。


不眠症を自宅で治せる!不眠症対策人気ランキング

以下は不眠症を自宅で治す方法の人気ランキングです。不眠症にお悩みの方は病院での治療を受けず自分で行える方法で克服に成功された方も多くいらっしゃいます。本気で不眠症を克服したい方はご覧下さい。

1位 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」
2位 トップMBA式睡眠コントロール術
3位 不眠症からの脱出



▲このページの上部へ